Home > ミニ・DIY > メーターパネルを自作

メーターパネルを自作

既存のタコメーターステーを利用したメーターパネルの作製。

DSCN1154-1.jpgDSCN1156-1.jpg

80φと52φが2つのコンビネーションパネル。

カットしやすい厚紙で試作品をつくり具合をみてカタチの決定。

ホームセンターで買ってきたアルミ板に写してジグソーで周りをカット。
メーターが入る穴あけはホールソーがあれば一発なのですが、そんなものないのでドリルでたくさん穴をあけて丸くくり抜きました。

くり抜いたあとはやすりでカタチを整えました。
隙間が多少いびつでもメーターリングで隠れるので大丈夫です。

板だけだと振動でブレるのでブレ留めに裏側にアルミのアングルを強力両面テープで貼付け。

塗装前にペーパーで足付けして、つや消しブラックで塗装。


作業に没頭したため途中の画像がありません。(汗)

DSCN9015-1.jpg

80φにタコメーター、52φに電圧計と時計をセットしました。

DSCN0173-1.jpg

ミニに取り付けました。なかなかいい感じに仕上がりました。


トラコミュ
やっぱりミニクーパーが最高!
 ←いろんな人のミニライフが満載!



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ←ブログ更新の励みになります。ポチっとクリックをお願いします。
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > ミニ・DIY > メーターパネルを自作

 

Return to page top

どんな風に仕事をするの?