Home > ミニ > ドア内部の防水処理

ドア内部の防水処理

  • Posted by: kaz8832
  • 2014-11-04Tue 23:13:26
  • ミニ
雨の日に運転していて信号待ちでふと助手席のドアをみると内張りの下の方から水が・・・。
運転席側もみると同じ状況。(汗)

休日の時間のある時に内張りを外して見てみると、水が流れた形跡が。
ドアの室内側にはいくつか窓が空いていて、そこから水が内側へ流れないようにフィルムが貼られている。
このフィルムは水が侵入しないための目張りなのですが、一度はがすと粘着力も弱まり、水が染みだして室内に水が流れるという構図。

粘着力を高めるために両面テープでフィルムを貼付けていたのですが、染みでた水で粘着力が弱まり、また水が室内に流れてきちゃいました。

根本的に直すには目張りをきちっとやり直す必要があり、防水テープを貼って目張りすることにしました。

DSCN5392-3-1.jpg

内張りはがしてフィルムが破れないようにそっとはがし、ひとつづつ目張りしていきます。

DSCN5401-1.jpg

可動部分はテープがつかないようにテープを折り曲げたり工夫が必要です。

DSCN5399-1.jpg

全部目張りができました。

こっちの方が確実で効果的な感じですね。
フィルムはもう必要ないような気がしますが、とりあえず防水テープで目張りした上からそのまま貼りました。


DSCN5398-1.jpg気密防水テープ エースクロス011

今回、水分で粘着力が落ちて染み出てくるのが嫌なので防水テープにしましたが、ガムテープや梱包用の透明テープなどでも代用できると思います。




トラコミュ
やっぱりミニクーパーが最高!
 ←パーツレビュー、ドレスアップ自慢など、いろんな人のミニライフが満載!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ←ブログ更新の励みになります。ポチっとクリックをお願いします。
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > ミニ > ドア内部の防水処理

 

Return to page top

どんな風に仕事をするの?