Home > スポンサー広告 > 朝一の儀式

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Home > スポンサー広告 > 朝一の儀式

Home > ミニ > 朝一の儀式

朝一の儀式

  • Posted by: kaz8832
  • 2014-11-13Thu 00:10:53
  • ミニ
この前まで暑い・暑いと言っていたのに、気がつけば朝晩だいぶん冷え込むようになりました。
キャブ車なのでエンジン始動にはチョークを引かないとかかりません。

冷え込み具合に応じて、チョークの引き具合も調整。
エンジン始動後も回転数に合わせてチョークを戻しながら、1300rpm程度をキープ。

水温とエンジンの調子をみながらチョークを戻しながらある程度、水温が上がるまで暖機。
時間にして5分ほど。

このアナログな感じが人によってはめんどくさいと思う部分で現代の車にはなくなった部分。
儀式というと大袈裟ですが、そういうところがぼくにとっては魅力のひとつかも。

DSCN5835-1.jpg

このチョークケーブルは小径の旧タイプ。
純正のケーブルがお亡くなりなった時に英国直輸入の旧タイプをショップにお願いして付けてもらいました。
センターキーには旧タイプの方がスッキリしてカッコいい!(あくまでも個人的な主観です)

昔、WEBERのころは足でアクセルを調整しながらエンジン始動させ、暖機してました。
冬場の雪が降っているときの朝なんてヒヤヒヤもんでまさしく儀式でした。


トラコミュ
やっぱりミニクーパーが最高!
 ←パーツレビュー、ドレスアップ自慢など、いろんな人のミニライフが満載!


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ←ブログ更新の励みになります。ポチっとクリックをお願いします。
 

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > ミニ > 朝一の儀式

 

Return to page top

どんな風に仕事をするの?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。